窪田建設株式会社 窪田建設株式会社

NEWS お知らせ

  • 2017.04.14

    ホームページリニューアル!

    本リニューアルでは、皆さまに弊社のことをよりご理解いただけるような
    Webサイトを目指し、デザインや機能を刷新いたしました。

    「信州の風土と共に住まう人の暮らしに寄り添い、愛着の持てる家をつくる」
    昭和27年の創業から続く私たちの想い。

    様々なライフスタイルをイメージし企画されたコンセプトハウスと、
    自由設計のフルオーダーメイド住宅のラインナップ。

    暮らしを実際に体験できるモデルハウス。

    イベント情報、キャンペーン、ブログetc…

    私たちの取り組みをご案内していきます。

    今後とも皆さまにとってより使いやすいホームページとなるよう
    更なるコンテンツの充実を目指してまいりますので、
    今までと変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

  • 2017.04.13

    家づくりの「はじまり」に。

    家づくりははじめての事ばかり
    SBC 上田ハウジングパーク」内の“NORWAY HOUSE GALLERY”は、
    家づくりの夢をお手伝いする体感型モデルハウス&ギャラリーです。
    自然の木の良さを肌で感じたり、心地いいライブラリー&カフェで
    お茶を飲みながら住まいのイメージをふくらませたり—。
    多彩なインテリアアイテムをご用意して、
    皆さまのお越しをお待ちしています。

     

  • 2017.02.09

    住宅の補助金・助成金有効活用のすすめ

    知っているか?

    知らないか?

    その差は歴然です。

    もっと率直に言えば・・・得する人がいて、特を得られなかった人がいる。

    もちろん条件を満たしていないといけません。

    めんどくさいと思えば、それまで。

    「特」とは、目先のお金に関することもそうですが、家の性能についても「特」と考えないといけません。

     

    前振りは、この辺にしておきます。

     

    まずは、新築についてのお話をお伝えしておきます。

     

    ⭐︎『エコ住宅への建て替え』

    <エコ住宅への建替えに対する補助金の概要>

    耐震性のない住宅を省エネ性能の高い住宅に建替えた場合に国の支援が受けられます。
    平成28年度住宅ストック循環支援事業

    <エコ住宅への建替えに対する支援の概要>

    ・補助額 :住宅の省エネ性能により30万円~50万円/戸
    ・補助限度額: エコ住宅建設費として50万円/戸
    <主な要件>
    ・耐震性のない住宅を除却すること
    ・エコ住宅に建替えること
    ・スケジュール エコ住宅の建築工事着手日:事業者登録(※1)日以降
    ・エコ住宅の建築工事完了期限:遅くとも平成29年12月31日まで
    ・解体・滅失登記の完了:遅くとも平成29年12月31日まで
    ・補助金交付申請受付期間:平成29年1月18日(予定)~遅くとも平成29年6月30日まで

    ※1:事業者登録とは、建設業者が補助事業者として補助金事務局に基礎情報を登録する手続きをいいます。事業者登録の期間は平成28年11月1日~平成29年3月31日となっています。

     

    <エコ性能に応じた補助額>

    ・補助対象費用は、エコ住宅の建設費用となります。

    ・補助額は住宅の省エネ性能により異なり、30万円~50万円/戸となります。

    ・性能別の補助額について以下に示します。

    「エコ住宅補助額一覧(木造住宅の場合)」
    a,省エネ性能のレベル 一次エネルギー消費量等級4
    b,断熱等性能等級4
    c,BELS☆☆ 一次エネルギー消費量等級5
    <トップランナー基準>
    BELS☆☆☆ BELS☆☆☆☆
    BELS☆☆☆☆☆
    下記以外の住宅 30万円/戸 40万円/戸 50万円/戸
    認定長期優良住宅 40万円/戸 50万円/戸 50万円/戸

    @BELS & 認定長期優良住宅については窪田建設のスタッフにお尋ねください。

     

    スクリーンショット 2017-02-09 8.42.44

     

    <スケジュール>

    エコ住宅の建築工事着手日(※1):事業者登録を行った日(※2)以降
    ※1:建築工事着手日とは、工事請負契約の締結日又は建築確認済証の日付のいずれか遅い日となります。
    ※2:事業者登録とは、建設業者が補助事業者として補助金事務局に基礎情報を登録する手続きをいいます。事業者登録の期間は平成28年11月1日~平成29年3月31日となっています。
    エコ住宅の建築工事完了期限:平成29年12月31日(予定)まで
    解体・滅失登記の期間:予算成立日(平成28年10月11日)の1年前の翌日(つまり平成27年10月12日)~遅くとも平成29年12月31日まで
    注)建築時期不明で、建築士による耐震性を有しないことの証明を受けるものは、除却は事業者登録開始日(平成28年11月1日開始)以降でなければなりません。
    また、解体工事の請負契約の期限に別途定めがあります。
    補助金交付申請受付期間:平成29年1月18日(予定)~遅くとも平成29年6月30日まで

     

    <補助申請者、補助金の交付について>

    補助申請者となれるのは、建設業者さんとなります。補助金の交付申請に先立って、事務局に事業者登録を済ませることになっています。

    補助金は補助申請者に対して交付されることになりますが、補助金は必ず住宅を取得する方に還元されることになっていますので、 費用明細についてしっかり確認するようにしましょう。

    この補助制度を活用して建替えをされる方は、省エネ工事や補助金の手続きにしっかり対応できる業者さんに依頼するようにしましょう。

     

     

    ※住宅の補助金・減税・優遇制度オールガイドより抜粋。

    http://www.sumai-fun.com/money/

    窪田建設では「長期優良住宅仕様」の住宅づくりをお勧めしております。今回ご案内の補助金を受けるためにも高性能な住宅を目指し、快適な環境を確保されますことを念頭に置かれたら如何でしょうか。

    詳しくは、窪田建設がご案内いたします。

     

    ー 窪田秀徳より

  • 2017.01.24

    住宅金利の近未来は・・・

    雪が降り、寒波到来で寒い・・・

    だけど、住宅を検討されている方は燃えている?・・・

    なんじゃ?

    そう感じる方もいるし、そうでない方も

    なぜ、そんなわけのわからない話をしているのか?

    住宅ローン金利の変化が気になっている方は、行動的のような気もします。

    トランプ大統領誕生により株は?金利は?

    気になります。

    平成29年1月のフラット35の金利

    色々な方々の話を聞いたり経済雑誌に目をやると予測不能の文字が飛び込んできます。

    長期的にはわかりませんが、どうやら金利が上がり始めたのでは?

    そんな予感がしてきます。

    ジワジワ金利が上がってきたように思えます。

    そのことを素早く察知された方々が、雪なのに・・・・寒いのに・・・

    「住宅完成見学会」に足を運びだしたと耳に入ってきています。

    資料請求も同様に増えてきています。

    確かに熱く人々が動き出したからといって、すぐに家が完成するわけではありません。

    早めの行動は大事ですが、焦ってはダメですね。

    しっかりと手順を踏んで納得しながら目的に向かって歩んでいく。

    当たり前のことですが、冷静さを欠いてしまい焦ってしまう。

    気持ちはわかります。

    金利が少し上がったということは、返済金額が多少増えてしまう。

    支払い総額も思いのほか増えてしまうのです。

    まずは、焦らずに。でも、行動的にが大事ではないでしょうか?

    金利動向を眺めながら、納得の家づくりのために行動していきましょう。

     

    弊社の動向も例年になく1月だけで5家族のお住まいの建前が実施されています。

    「備えあれば憂いなし」ですね。

     

  • 2016.06.02

    ZEHビルダー登録申請終了!数値目標を掲載!

    窪田建設(株)は、この度ZEHのビルダー登録を済ませました。

    数値目標を掲げています。

    ZEH普及目標

     

    ご興味のある方は、ご連絡をお待ちしています。

     

facebook Instagram