窪田建設株式会社 窪田建設株式会社

WORK BLOG 現場ブログ

窪田建設の現場の施工風景や進捗状況をお届けします。
窪田建設の現場の施工風景や進捗状況をお届けします。

5月8日2018.05.08

山崎です。

こんばんは。

 

 

 

午前は、上田市Tさま邸で

大工さんと打ち合わせ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外では、外装屋さんが外装工事↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、

内部では、大工さんが1階と2階に分かれて作業。

 

たまたま電気屋さんも、間仕切壁のコンセントやスイッチの開口作業していましたので

電気屋さんともイロイロ打ち合わせ。

 

 

で、

棟梁の大工さんと打ち合わせ中に

大工さんの道具があったのでチト拝借。

 

かつて、私のブログ内で

「建築の道具 これ、なぁ~に?」

シリーズがありましたので、お久しぶりの紹介です。

 

 

 

コチラ↓↓

 

 

 

 

 

 

 

(ちなみに以前も書きましたが、私は【makita】派です。)

 

さて、なんでしょう?

 

 

 

 

答えは・・・

 

 

 

今回は、ためずにさらりと

「レーザー距離計」

です。

 

 

で、

大工さんより

「レーザーは、少し伸びる」

との情報。

 

「うそぉ~!」

 

 

「ホントさぁ~。廻縁取り付けなど、スケールに写すときは短めにする。」

 

 

えっ?

 

実際、今まで私は誤差はないと思っていました。

以前もスケールでの実測寸法を比較するも誤差なし。

 

 

 

そこで再確認。

 

なんでもいいので、とある壁の内々を測ってみます。

 

 

◆大工さん所有のレーザー距離計「030」↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【923㎜】

 

 

 

 

で、

◆私所有のレーザー距離計「050」では↓↓

 

 

 

 

 

 

 

なんと【924㎜】

 

 

 

2台のレーザー距離計を再確認↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、

スケール(メジャー)で測ると↓↓

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで・・・

 

数値は↓↓

 

 

 

 

 

 

 

なんとも!【922㎜】

 

 

 

 

 

しかも、そのスケールは↓↓

 

 

 

 

 

 

 

れっきとした「JIS規格品」です。

 

 

 

 

 

 

 

以上を何回か繰り返しましたが、同じ結果に・・・。

その結果は、大工さんと電気屋さんも立ち会っていたので、間違いないかと・・・。

 

なんとも・・・。

 

 

 

 

 

本社へ帰り、メーカーのカタログを確認すると↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下部を拡大して↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

標準測定公差

10mで±2㎜。

 

なんとも・・・。

 

 

 

 

【まとめ】

・スケールで測りやすいところは、スケールで測る。

・高い天井や障害物があって、スケールで測りづらいところは、レーザー距離計で測る。

いずれにしても、どちらも長所・短所を知り、クセを見抜いて、かつ確認をする。

 

って事ですな!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~本日のあとがき~

 

明日は、保守・点検(←カタカナで書くと「メンテナンス」。英語で書くと「maintenance」ね

で、大町市へ行ってきます。

 

また、いつもの風景を撮って来ます。

 

 

では、また。

 

 

 

 

イベント 資料請求 お問合わせ 見学予約

facebook Instagram