窪田建設株式会社 窪田建設株式会社

STAFF BLOG スタッフブログ

窪田建設のスタッフが建築にまつわる日々の取り組みをご案内します。
窪田建設のスタッフが建築にまつわる日々の取り組みをご案内します。

5月24日2018.05.24

山崎です。

こんばんは。

 

 

昨日・今日と

事務所に缶詰め。

 

 

ここ数日間、気温差が激しいですが

みなさまはいかがでしょうか?

 

 

本日は↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気温:25~26℃

湿度:44%と

快適カイテキ。

 

 

 

で、

本日は、とある建材の新しいカタログが届いたので

ご紹介↓↓

 

 

 

 

 

 

 

「Joto(城東テクノ㈱)」

です。

 

右が今まで閲覧していた2016-2017版

左が新しく取り寄せた2018-2019版

 

何のメーカーか?

 

↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(これって、「無断転写」になります?)

(いや、HPでもプリントアウトできるし、「無断転写禁止」の記載もないので多分良いかと・・・。)

 

 

・・・

 

弊社では、特に

・「基礎パッキン、気密パッキン」

・「プラ束、鋼製束」

・「床下点検口」

・「土台水切り」

を採用させていただいております。

 

 

普段、皆様にはあまりお目見えする部材ではないですが

無くては快適な住宅を造ることのできない

言わば、

「縁の下の部材メーカー」

 

 

 

1、2年もすると、新しい部材が出ていて

今まであればいいなと思っていた部材が発売されていました。

 

ただ従来品もそうですが、価格が1割~1.5割ほど上がっていて

新商品も、気持ち高めのような気がします。

 

値上がりは、このメーカーさんに限ったことではないですけどね。

 

・・・

 

Jotoの他には↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「FUKUVI」

(こちらは現在、17-18版があるようですが、特段これで十分)

 

 

中身は↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

似たような部材を取り扱っていますので、

弊社では目的や金額、施工性や流通を考慮し、

製品を採用させていただいております。

 

 

この2社メーカー以外に

みなさまには、もっとお目見えすることのない建材メーカーは↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左より

「カネシン」「タナカ」「カナイ」「栗山百造」

 

 

内容は↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「土台」「柱」「梁(横架材)」「耐力壁」などから構造は成り立ちますが

その構造体の接合部に使用され

「地震」「風圧」「積載荷重」などの力から

建物が耐えられるための

「接合補強金物類」のメーカーさんです。

 

 

普段みなさまがよく目にする

「キッチン」「トイレ」「お風呂」

「内部建具」「サッシ」「内装仕上げ」

「照明器具」「カーテン」など様々ありますが

 

 

これらこそ

「縁の下の部材メーカー」

 

 

この建築金物類こそ大事に施工したいものです。

 

 

では、また。

 

 

 

 

イベント 資料請求 お問合わせ 見学予約

facebook Instagram