窪田建設株式会社 窪田建設株式会社

HEAD BLOG 代表 窪田のブログ

窪田建設の代表 窪田が日々の思うこと、出来事などを綴ります。
窪田建設の代表 窪田が日々の思うこと、出来事などを綴ります。

アイテムで自己表現2018.09.08

家づくりを考えるとき、どんなデザインの家にするのか?

 

悩みます。

 

 

様々な雑誌やインターネットを駆使して自分の世界はどこに・・・

 

そして、見つけた!

 

しかし、この家を理解し建てられる会社は?

 

どの会社なら期待に応えられるのか・・・

 

不安・・・

 

家の雰囲気を表現するのは家そのものも重要ですが、家具雑貨などの役割が大きいです。

 

そして、間取りばかりに頭を向けてしまい「雰囲気作り」を忘れてしまっては本末転倒ですね。

 

そこで、様々な家を豊かに表現してくれるアイテムの存在を考えてみましょう。

 

例えば、窪田建設の定額制セミオーダーハウス「A-CAFE」であれば、チェッカーガラス系やステンドグラスを取り入れると一気に雰囲気が出てきます。

 

 

 

 

さらに、階段手すりもアイアンのデコレーティブな縦格子もいいですね。

 

 

HEI であれば、ワイルドのデモボコアイアンを縦に使うと引き締まります。

 

 

さらに言えば、黒いアイアンは部屋を広く感じさせる効果もありますので照明器具やスポットライトのレールなどにも黒を使いながら統一感を出すことも重要です。

 

 

自分を表現するという視点からもワイルド系を目指した場合、最近は部屋の中に黒い淵の窓を設けたりすることも雰囲気に一味加えてくれます。

 

もうお気づきですね。

 

家は『箱』です。

 

『器』と言ってもいいでしょうか。

 

実は、家のジャンル、カテゴリーはある程度決まっています。

 

例えば

 

①『A-cafe』インティーク カフェスタイル

 

②『S-moderu』北欧モダンスタイル

 

③『HEI』北欧ワイルドスタイル

 

④『NORWAY HOUSE CLECTION』北欧ナチュラルスタイル

 

⑤『LIFE ROVER』&『LIFE STAGE』北欧ナチュラルモダンスタイル

 

⑥『縁側家族』日本デザインスタイル

 

つまり、どの”スタイル”を基本とするのか?

 

そして、飽きないデザインテイストこそが不変の家ですので、流行に推されすぎないように気をつけたらどうでしょうか?

 

ショップだったら数年後かにインテリアを変えることが普通です。

 

しかし、住宅はそんなことはできません。

 

ですから、慎重に自分スタイルを選びましょう。

 

イベント 資料請求 お問合わせ 見学予約

facebook Instagram