窪田建設株式会社 窪田建設株式会社

NORWAY HOUSE 北欧×日本の民家「ノルウェーハウス」。

SCANDINAVIAN LIFE

北欧の暮らしに学んだ木の住まい

SCANDINAVIAN LIFE

北欧の暮らしに学んだ木の住まい

ノルウェーハウスは、北欧の住まいと暮らしから学んだ、
日本生まれの木の家です。
長く厳しい冬が続く北欧。
凍てつく寒さの中で、人びとは多くの時間を家の中で過ごしてきました。
いかに室内を心地よくするか、家の中で快適に過ごすかーー。
家での時間を大切にしようとする思いが、
独自のライフスタイルと優れた性能をもつ
北欧住宅を生み出したのでしょう。
厳しくも豊かな自然に鍛えられ、
磨かれてきた多くの生活の知恵と合理性、
そして自然をモチーフとした飽きのこないデザイン。
こうした北欧住宅ならではの特性と高い性能を伝統建築に取り入れ、
日本のオリジナル住宅として進化させたのが、
窪田建設のノルウェーハウスです。
とりわけ信州は、北欧と気候が似ているといわれます。
北欧住宅に学ぶことは、信州の厳しい気候にも耐えうる、
優れた住宅の開発に直結します。
ノルウェーハウスには、
日本と北欧の人びとに共通する自然を愛する心とものづくりの精神が、
今も生き続けています。

  • 柱と梁そのものが美しいデザイン 柱と梁そのものが美しいデザイン

    太くて丈夫な木でつくられているノルウェーハウスの家。柱や梁などの構造体そのものが、木目をそのまま生かした美しいデザインとなっています。

  • 信州の景観にとけ込むシンプルな外観 信州の景観にとけ込むシンプルな外観

    長く厳しい冬を少しでも快適にー。ノルウェーの人びとの願いが知恵と文化を育み、理にかなった家をつくってきました。 そんなノルウェーの民家と日本の伝統建築を融合したのがノルウェーハウス。 北欧の自然に培われたナチュラルな佇まいは、信州の自然とも美しく調和しながらさりげなく個性を主張します。
  • 住むほどに深みの増す美しさ 住むほどに深みの増す美しさ

    本物だけがもつ存在感、ぬくもり、味わい。自然素材をふんだんに使ったノルウェーハウスは住まうほど、年を経るごとに、深みや色艶を増していきます。

  • あなたらしさを表現できるフルオーダーメイドの家 あなたらしさを表現できるフルオーダーメイドの家

    ノルウェーハウスは、いわゆる「輸入住宅」ではありません。日本には日本の気候風土や文化に似合う住まいがあるからです。 同様に家にも、住まう人、暮らす家族に合わせた個性やオリジナリティがあっていいはず。 だから私たちは、フルオーダーメイドの注文住宅に、こだわり続けているのです。

NORWAY HOUSE OWNER’S REPORT

ノルウェーハウスに住み10年以上経つオーナー様の暮らしを訪ねました ノルウェーハウスに住み10年以上経つオーナー様の暮らしを訪ねました

vol26 掲載

暮らしに合わせて成長する家

家は、建ててしまったら終わりではありません。年月や暮らしの変化に伴い、必要となる手入れやメンテを楽しむからこそ、人と家は“ひとつ”になっていくのです。 家は、建ててしまったら終わりではありません。年月や暮らしの変化に伴い、必要となる手入れやメンテを楽しむからこそ、人と家は“ひとつ”になっていくのです。

八ヶ岳の山並みを背景に、広大な野菜畑が広がる小海町。ここで白菜農家を営む畠山さん家族の暮らすお宅は、標高の高い山際に、周囲のカラマツ林を独り占めするようにどっしりと佇んでいます。 13〜14年ほど前、結婚を機に新築。昔の学校のような外観や木造の温かみに惹かれて建てたのは、冬の寒さなどの環境にも則した〝ノルウェーハウス〟(窪田建設)。 とはいえ、家づくりを主導したのはご主人の忠彦さんだったそう。間取りの自由度を最大限に生かし、3階層+地下室のスキップフロア、浴室を見晴らしのよい中2階へ配置、 農作業をメインとする自分たちが動きやすい動線プランなど、設計士顔負けのアイデアを次々と盛り込みました。

さらに暮らし始めてからも、2階ホールの床面積を広げて書斎スペースを新たに設けたり、縁側デッキや車庫を増設。 昨年になってリビング中央の床に段差をつけて掘り炬燵に変えるなど、生活スタイルに合わせてその都度リフォームしてきました。 「忙しい農作業の合間に、窓や屋根の掃除から外壁の塗り直し、小さな補修や改修まで、できることは何でも自分で。主人にとってはそれが当たり前みたい」と笑顔で話す奥様の直美さん。 建築当初からタッグを組む窪田建設の担当さんも「家をここまで使い込んでくれるのは嬉しいですね」と畠山さんの実行力には舌を巻きます。  十数年が過ぎてもなお清々しく輝き続ける家。そこには、楽しみながら自らの手と身体を動かす、頼もしい一家の〝大黒柱〟の存在がありました。

大きな窓から明るい日差しが入るリビング。 最近になって導入した薪ストーブは、カラマツなど油分の多い薪も燃やせる、茅野市で製造された優れもの。 忠彦さんはさらに、脚部がすっきりするようデザインを特注。ハンドル部の木材も自分でつくってしまったというこだわりの品!

さらに暮らし始めてからも、2階ホールの床面積を広げて書斎スペースを新たに設けたり、縁側デッキや車庫を増設。 昨年になってリビング中央の床に段差をつけて掘り炬燵に変えるなど、生活スタイルに合わせてその都度リフォームしてきました。 「忙しい農作業の合間に、窓や屋根の掃除から外壁の塗り直し、小さな補修や改修まで、できることは何でも自分で。主人にとってはそれが当たり前みたい」と笑顔で話す奥様の直美さん。 建築当初からタッグを組む窪田建設の担当さんも「家をここまで使い込んでくれるのは嬉しいですね」と畠山さんの実行力には舌を巻きます。  十数年が過ぎてもなお清々しく輝き続ける家。そこには、楽しみながら自らの手と身体を動かす、頼もしい一家の〝大黒柱〟の存在がありました。

右上/玄関周りにはレンガをあしらい、田舎の山小屋らしい温かみを。  左上/2階ホール。ちょうど半分から右のスペースが後から増築した部分。 ヒノキ材でカウンター棚をつくり、ベッドを置いてもまだゆとりあるたっぷりとした空間に。

上/2階ホール。ちょうど半分から右のスペースが後から増築した部分。 ヒノキ材でカウンター棚をつくり、ベッドを置いてもまだゆとりあるたっぷりとした空間に。
左/玄関周りにはレンガをあしらい、田舎の山小屋らしい温かみを。

千葉県出身の直美さん。「初めは山の暮らしに慣れないこともありましたが、今ではすっかり馴染みました」。 リビングに隣接したピアノ室から、直美さんの奏でるメロディと歌声が家中に流れていく。

ダイニングに面して使いやすく横一列に配置されたキッチン。 「私は普通のシステムキッチンでもいいかなと思っていたんですが、ここも主人のアイデアでシンクや収納をオリジナルで組み合わせました」(直美さん)

1.5階部分に設けたバスルーム。2面に大きく窓を取った上、地面からの高さもあるため見晴らしがよく、森の中に浮かんだような抜群の解放感を味わえる。

屋根裏の天窓からはカラマツの黄葉や星空が覗く。

左/1.5階部分に設けたバスルーム。2面に大きく窓を取った上、地面からの高さもあるため見晴らしがよく、森の中に浮かんだような抜群の解放感を味わえる。
右/屋根裏の天窓からはカラマツの黄葉や星空が覗く。

  • SHOWROOM NORWAY HOUSE GALLERY Ato Zを見る

イベント 資料請求 お問合わせ 見学予約

facebook Instagram